TOP

面接で役に立つ情報を掲載しているサイトです。

ホワイト企業の特徴

就職し、定年まで働き続けるのであれば、全員が全員とも、ブラック企業より、ホワイト企業を希望します。ホワイト企業を簡単に説明すると、社員の事を考え、守ってくれているような会社の事です。仕事に集中しやすい環境を整えてくれていたり、仕事以外の部分を大事にできるような就業規則を整えているような企業の事です。一見、会社にとって、コストがかかってしまいますので、デメリットが多いと思われがちですが、プライベートを充実させると、仕事に集中する事ができるため、社員のやる気を引き出し、仕事の効率も上がるようになるので、結果的に会社の業績も上がって行きます。ホワイト企業かどうかを、完璧に確認する方法はありませんが、その会社の採用者数と離職数を確認する事で、あるていど推測する事ができます。ホワイト企業は福利厚生もしっかりしていますので、仕事に集中する事ができます。離職率以外にも、休日の数や、法律にそった就業時間などチェックする項目はありますので、しっかり確認しておきましょう。

MTFが一般企業の求人で採用されるポイント

MTFとはMale to Femaleの略語で、体や戸籍上は男性でありながら、心は女性といった状態の人を指します。日本では俗におネエなどと呼ばれており、体や声は男のまま女性らしい恰好でしゃべり方も女性的という方もいれば、恰好も男性のまましゃべり方や心だけが女性で男性を好きになるといった人もいます。こうしたMTFが働く場所としては、風俗店やバー、クラブ、ショーパブといった、そうした人たちが集まる場所であったり、個性を生かせるタレントや、スタイリストやデザイナー、メイクアップアーティストなど技術さえあれば認められる仕事に就き、会社などには所属せず独立してやっていくといった仕事が一般的でした。しかし、こうした特別な能力や個性が必要というと仕事も限られ、働き方も限定されてしまいます。そこで、MTFでも働きやすい職場が求められており、最近では一般企業でも性的マイノリティーを差別せず、受け入れ態勢を整えていることをアピールする求人も登場しています。日本企業の場合、現在、人材の多様性を認めて差別はしないというダイバーシティを推進する過渡期にありますが、国内でダイバーシティの先駆けを作っているのは外資系企業を中心とした多国籍企業です。もともと様々な人種がおり、言語も文化も多彩であるため、性的マイノリティーだから特別といった区別や差別が一切ありません。誰もが平等、誰もが同じ権利と活躍の場を与えられ、能力さえあればいくらでも昇給や昇進ができる環境があります。そのため、多国籍企業の求人を探すと、いちいちカミングアウトをしなくても、普通に一社員として受け入れてくれる期待が持てます。こうした企業では、たとえば、男女問わず使える多目的トイレの設置やニュートラル更衣室が準備されています。また、新人教育の段階から差別や偏見を持たないことはもちろん、もし身近に性的マイノリティーの方がいたらどう接するべきかといったトレーニングが実施されている場合もあります。マネージャー層にもケーススタディーを行うなど、部下から相談された場合や能力を生かすための環境づくりについて勉強会などが実施されています。求人に応募する側としては、必ずしも最初からカミングアウトをする必要はありません。なぜなら、差別のない企業であると企業の側でPRした会社に応募すれば、採用されるかわからない段階で敢えてカミングアウトする必要はないからです。 diabetes-sport

ニューハーフにはどのような求人があり、どう面接に臨めばいいのか

LGBTなど性的マイノリティーと言われる方の割合は、日本でも20人に1人いると言われています。マイノリティーとカテゴライズされますが、実際のところ少数派と片付けていられないほどの方がいるのです。日本では少子化が進んでおり、これからますます労働人口が不足していきます。さらに、性的マイノリティーの方は特殊な才能を持つ方や高学歴の方が多いと言われており、企業がこうした逸材を採用できなかったり、採用後に職場環境に馴染めず退職されてしまっては、企業にとって大きな損失といえます。そこで、企業の中にはLGBTが働きやすい環境整備に努めているケースもあり、その動きは拡大しつつあります。たとえば、ニューハーフの場合、従来ならバーやショーパブなどのお店やタレント、美容関係の仕事で個人事業主となるといった選択肢しかありませんでした。その道の才能やスキルがある方や、その仕事を楽しめる方ならいいですが、適性がない場合には生活の術を失い、将来設計ができなくなってしまいます。ですが、一般企業や一般業種でのニューハーフ向けの求人では、事務職からデザイン関連、IT関連や接客業まで幅広い選択肢から選ぶことが可能です。こうした求人を出す企業は、差別や偏見なく職場での受け入れ体制が整っており、ニューハーフが利用しやすい職場環境を整備しているところもあります。本人もどちらに行けばいいのか迷う代表例が、トイレの問題です。世間一般の認識でも、男性なのか、それとも女性として扱うべきなのか迷いが生じる点です。そこで、受け入れ企業では、女子トイレを問題なく利用できるルールを決めたり、男女問わず利用できる多目的トイレの設置を行いまた、職場内部だけでなく、顧客や取引先との関係も考えられています。職場以外でオープンにしたくないなら、外部との接触がない部署への配置も考慮してもらえますし、積極的に外部と交流を持ちたい方には取引先への理解を求めたり、女性と男性の両方を理解できることに関心を示す顧客が集まる事業などに配属してもらうこともできます。面接に行く場合には、他のリクルート女性と同様、派手なメイクや服装は避け、紺やグレーのスーツを着用して、肌色のストッキングに黒い靴というのが基本となります。敢えてここでは私は人とは違うといったPRは避けましょう。受け入れ企業は、他の人材と区別しない前提で面接してくれるからです。ただし、前述のトイレの問題であったり、どのような仕事なら能力をいかんなく発揮できるのかといった点は、しっかり主張しなければなりません。