TOP

面接で役に立つ情報を掲載しているサイトです。

ホワイト企業の特徴

就職し、定年まで働き続けるのであれば、全員が全員とも、ブラック企業より、ホワイト企業を希望します。ホワイト企業を簡単に説明すると、社員の事を考え、守ってくれているような会社の事です。仕事に集中しやすい環境を整えてくれていたり、仕事以外の部分を大事にできるような就業規則を整えているような企業の事です。一見、会社にとって、コストがかかってしまいますので、デメリットが多いと思われがちですが、プライベートを充実させると、仕事に集中する事ができるため、社員のやる気を引き出し、仕事の効率も上がるようになるので、結果的に会社の業績も上がって行きます。ホワイト企業かどうかを、完璧に確認する方法はありませんが、その会社の採用者数と離職数を確認する事で、あるていど推測する事ができます。ホワイト企業は福利厚生もしっかりしていますので、仕事に集中する事ができます。離職率以外にも、休日の数や、法律にそった就業時間などチェックする項目はありますので、しっかり確認しておきましょう。

募集数の少ない中途採用

中途採用で、就職活動を行おうと思っている方の場合、新卒採用者よりも、気合も覚悟も必要になります。希望する職種にもよりますが、新卒採用と、中途採用を比べた場合、中途採用の方が、圧倒的に求人の数が少ないです。また、募集されている求人内容も、新卒採用と比べて厳しい内容の物が多いのも付け加えておく必要があります。自分が希望する職種で、中途採用している会社を見つけたとしても、募集要件が経験重視の場合だったり、夜勤のみの募集だったりしますので、新卒採用よりも、しっかり選定する必要があります。中途採用の要項に多いのが、実務経験○年以上のような項目で、企業が求めているのが、即戦力が多い傾向にあります。もし、実務経験のない方が、中途採用を勝ち取るためには、苦労と根気が必要になる他、他の中途採用を狙っているライバルと比べられた時、勝っているセールスポイントがないと、エントリーシート時点で落とされてしまう可能性が高くなっていますので、そのあたりもしっかり頭に入れて、就活に臨むように心がけてください。

より明確にキャリアデザインを行う意味

キャリアデザインとは、入社前に、入社から退職まで、自分の社会人としての人生を、現時点で、イメージし、自らの手で、積極的に構想し、設計する事です。これまでの、自分の経験やスキル、生来の性格や、今後のライフスタイルなどを考慮しながら、自分以外の実際に働く労働市場の状況なども勘案し、仕事を通じ、社会に貢献しながら実現したい将来像や、目標に近づくプロセスを、より明確にイメージすることが、キャリアデザインの最終的な目標になります。バブルの時代は、学生から社会人になる時に、大企業のような力のある集団に入れさえすれば、定年まで、収入も安定し、ゆるやかな勤続が約束されている部分が沢山ありました。しかし、大企業でも、倒産や、吸収合併も珍しくないこの頃は、企業に就職する事がゴールとはいきません。その為、自分が将来的にどのようになるかをしっかりイメージして、そのイメージに向かって仕事を頑張って行く必要があります。その為、キャリアデザインを、より明確に、より意欲的に作成する事が重要になります。


就活生必見!【就職/求人情報】新卒採用や第二新卒求人 - 株式会社コネクト